冊子本(読み)さっしぼん

世界大百科事典 第2版「冊子本」の解説

さっすぼん【冊子本】

書物のしたて方の一種で,巻子本(かんすぼん)に対して,紙,布,皮紙などを重ねあわせてとじた,いわゆる〈本〉の形のものをさす。書写材料を重ねてとじるということでは,初期の粘土板木簡竹簡のころから行われており,〈冊〉の文字もひもを通して束ねた木・竹簡の形に由来するが,これは〈冊子本〉とはいわない。西洋では〈コデックス〉が冊子本に相当する語であるが,成立経緯東西で異なり,それは書写材料の違いによるところが大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の冊子本の言及

【コデックス】より

…本来は,古代ローマにおける,蠟を塗った木の板の上に文字を記し本のようにとじたものを指したが,広く,書籍の原型となった冊子本をいう。巻子本と対比される。…

※「冊子本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android