コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元頭渚公園 げんとうしょこうえん

1件 の用語解説(元頭渚公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

げんとうしょこうえん【元頭渚公園】

中国の江蘇(こうそ)省南部、無錫(むしゃく)(ウーシー)市の太湖の北岸にある公園。1918年から建設が始められた。太湖は、江蘇省と浙江省の境界にある中国で3番目に大きな淡水湖で、その景観の美しさで広く知られてきた。この公園は、太湖北岸に突き出た充山半島の突端にあり、太湖の景観を一望のもとに眺められる絶好のポイントとして人気がある。園内には、万方楼、澄瀾堂、光明亭などの東屋が点在し、散策コースが用意されている。また、元頭渚の沖合い3kmにある、景勝地として名高い仙島に渡る遊覧船が発着している。無錫駅からは12kmほど、タクシーで約40分ほどの道のりである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元頭渚公園の関連キーワード銭痩鉄江蘇省銭学森宜興九州江蘇無錫むしゃくしゃ腹江寧沙河

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone