一望(読み)イチボウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぼう〔‐バウ〕【一望】

[名](スル)広い景色などを一目で見渡すこと。一眸(いちぼう)。「一望に収める」「山頂から太平洋を一望する」

いち‐もう〔‐マウ〕【一望】

唯一の希望。また、ある希望。
「心中忽(たちま)ち―を生じ来り」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぼう【一望】

スル
一目に見渡すこと。一度に全部見渡すこと。一眸いちぼう -のもとに見渡す ビルの屋上から市街を-する一望いちもう

いちもう【一望】

ただ一つの望み。唯一の希望。いちぼう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐ぼう ‥バウ【一望】

〘名〙
① (━する) 広いながめを一目で見渡すこと。一眸(いちぼう)
※六如庵詩鈔‐二編(1797)一・西山採蕈十絶句「黄雲一望覆平疇、頳殺農肩殺牛
※東京灰燼記(1923)〈大曲駒村〉一〇「浅草の方面を一望すると」 〔孟浩然‐送杜十四之江南詩〕

いち‐もう ‥マウ【一望】

〘名〙 唯一の希望。また、ある希望。いちぼう。
浄瑠璃・孕常盤(1710頃)五「源の牛若丸献上祈文の意趣は、平氏追討の一望なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一望の関連情報