コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無錫 ムシャク

デジタル大辞泉の解説

むしゃく【無錫】

中国江蘇省南部の商工業都市。太湖北岸にあり、交通の要地。米・生糸などの集散地。繊維・機械・食品などの工業が盛ん。人口、行政区143万(2000)。ウーシー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

無錫【むしゃく】

中国,江蘇省南部,太湖北岸に臨む都市。大運河,滬寧(こねい)鉄路に沿い,諸公路の交点に当たる。太湖周辺の農産物,特に米を集散し,中国四大米市の一つ。商業が盛んで〈小上海〉とも呼ばれる
→関連項目宜興経済特区江蘇[省]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むしゃく【無錫 Wú xī】

中国,江蘇省南部,太湖の北岸にある省直轄市。人口96万(1994)。揚子江デルタ地帯の中でも最も早く居住がすすんだ地域で,の始祖である太伯が建てた梅里の都はこの付近であるといわれる。漢代に無錫県が設けられてより,地方都市として清代に至った。無錫の名は,元来ここにスズ(錫)鉱山があり,それを採掘し尽くしたためという伝承があるが,実証はない。大運河が開通してよりは水運の要衝として,また太湖漁業の基地として栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

むしゃく【無錫】

中国、江蘇省の太湖北岸にある都市。水運の要地。養蚕業・紡績業が盛ん。ウーシー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無錫
むしゃく / ウーシー

中国、江蘇(こうそ)省の南部、太湖(たいこ)北岸にある市。無錫地区級市の中心地で、無錫地区級市は江陰、宜興(ぎこう)の2市の管轄代行を行う。人口434万6078、市轄区人口112万9868(2000)。市は、滬寧(こねい)鉄道と大運河に沿い、ここから錫澄(しゃくちょう)道路と錫澄運河が分岐する。前漢代に無錫県が置かれ、新の時代に有錫県と改められたが、後漢(ごかん)に無錫県に復し、以後歴代これに倣った。1949年に市が分離設置された。無錫の名は、かつて錫(すず)を産していたが、漢代には取り尽くしたことにちなむという。大運河の開通後は、水路が縦横無尽に走る太湖平原の農産物の集散地として発達し、さらに明(みん)代より綿紡績、製糸などの手工業も盛んとなった。清(しん)代には長沙(ちょうさ)、九江、蕪湖(ぶこ)とともに中国の四大米市の一つに数えられ、また江南地方随一の生糸の取引地となった。清末から民族資本により近代的な綿紡績工業が急速に発展し、解放後は綿織物、絹織物、毛織物などの繊維工業をはじめ、機械、電子、時計、冶金(やきん)などの工業が発達し、省第二の工業都市となった。また太湖地区の内陸水運の中心でもある。網の目のように発達したクリークのうち、直河が城内を貫流し、これに沿って商業地区が展開し、新興の工業地帯は城外の北西部に延びている。頭渚(げんとうしょ)、蠡園(れいえん)、錫恵(しゃくけい)公園、梅園などの名所・旧跡がある。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の無錫の言及

【江蘇[省]】より

… 工業は19世紀の中ごろから,列強の経済侵略の拠点である上海が中心となった。原料も労働力もすべてそこへ集中され,民族資本による小規模な工業が,上海の衛星都市ともいうべき無錫(むしやく),蘇州,常州,南通などで行われていたにすぎない。しかも,紡績や絹・綿織物,食品加工などが主で,もちろん重工業のごときはなかったのである。…

※「無錫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無錫の関連情報