コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兄部家 こうべけ

防府市歴史用語集の解説

兄部家

 中世の宮市にできた合物座[あいものざ]という組合を取りしきっていた家です。江戸時代になってからは、1642年に本陣[ほんじん]として、藩公認の旅館になりました。一度は火事で焼けてしまいましたが、再建されて、今も残っています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典内の兄部家の言及

【防府[市]】より

…天神山の南麓に鎮座する松崎天満宮(現,防府天満宮)は北野・太宰府両天満宮とともに日本三天神の一つとされる。その鳥居前の町としてにぎわった宮市は,近世には中国路の宿駅として栄え,本陣の兄部(こうべ)家は中世より周防相物(あいもの)座の長をつとめたと伝える。三田尻には長州藩の御船倉が置かれ,毛利氏水軍の根拠地であるとともに,塩の積出港として瀬戸内の要港であった。…

※「兄部家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

兄部家の関連情報