コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合物座 あいものざ

1件 の用語解説(合物座の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

合物座

 中世の合物[あいもの]をあつかう商人の組合(座[ざ])です。合物とは、鮮魚と干物の中間という意味で、塩づけの魚のことです。防府の特産品が塩さばでしたから、このような名前になりました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合物座の関連キーワード相物座商人の空誓文他人扱い見扱ふ世の中は相持ち相物熱かふ為扱ふ合物森五郎兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone