充足的恩恵(読み)じゅうそくてきおんけい(英語表記)gratia sufficiens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

充足的恩恵
じゅうそくてきおんけい
gratia sufficiens

恩恵に関するカトリック神学上の概念。恩恵と人間の意志の自由の関係について L.モリナが提出し恩恵論争を巻起した。魂の救いに必要な効果を生じるに十分な恩恵であるが,人間の側からの自由な協力がないため効果を生じないもの。非効果的恩恵とも呼ばれる。 (→効果的恩恵 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android