コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性頸嚢胞 せんてんせいけいのうほうcongenital cyst of the neck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先天性頸嚢胞
せんてんせいけいのうほう
congenital cyst of the neck

正中頸嚢胞と側頸嚢胞の2種類があるが,両者は発生学的に異質のもの。前者は,生後に閉鎖し退化するはずの甲状舌管が残留し,腫脹して嚢胞を形成したもので,前頸部の正中線上に発生する。後者は鰓弓の遺残で,正中線の側方に発生する。頸瘻は,頸嚢胞が皮膚に瘻孔をつくり,粘液や膿性の分泌液を出すもので,自然に治癒することもあるが,嚢胞や瘻孔があるかぎり再燃を繰返すので,その上皮を完全に除去することが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

先天性頸嚢胞の関連キーワード頸部腫瘤

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android