コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性頸嚢胞 せんてんせいけいのうほう congenital cyst of the neck

1件 の用語解説(先天性頸嚢胞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先天性頸嚢胞
せんてんせいけいのうほう
congenital cyst of the neck

正中頸嚢胞と側頸嚢胞の2種類があるが,両者は発生学的に異質のもの。前者は,生後に閉鎖し退化するはずの甲状舌管が残留し,腫脹して嚢胞を形成したもので,前頸部の正中線上に発生する。後者は鰓弓の遺残で,正中線の側方に発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先天性頸嚢胞の関連キーワード嚢胞・囊胞乳腺嚢胞症嚢胞嚢胞性線維症卵巣嚢胞子嚢胞子嚢胞性繊維症くも膜嚢胞肺胞性嚢胞肝嚢胞

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone