コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先端医療開発特区 センタンイリョウカイハツトック

1件 の用語解説(先端医療開発特区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんたんいりょうかいはつ‐とっく〔センタンイレウカイハツトクク〕【先端医療開発特区】

最先端の再生医療医薬品・医療機器などの分野で革新的技術の開発を阻害する要因を克服し、研究開発を促進するために創設された特別区域iPS細胞応用・再生医療・革新的な医療機器の開発・革新的バイオ医薬品の開発など、保健衛生上の重要性が高い分野が対象。大学病院などの先端医療研究拠点を中核に、連携して研究・開発資金管理などを行う研究機関・企業を含めた複合体が一つの特区を形成する。公募により選定され、研究資金の運用管理や規制面で特例措置を受けることができる。通称、スーパー特区

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

先端医療開発特区の関連キーワード医薬品医療機器総合機構一般医療機器管理医療機器クラスⅢ医療機器クラスⅣ医療機器クラスⅠ医療機器アステム岩渕薬品

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone