コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再生医療 さいせいいりょう regenerative medicine

翻訳|regenerative medicine

7件 の用語解説(再生医療の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

再生医療

再生医学」のページをご覧ください。

再生医療

ヒト、できれば本人の、神経や骨などを人工的に作り、組織や臓器を修復する治療法。米ウイスコンシン大学グループは1998年、ほとんどの細胞に分化できる胚性幹細胞(ES細胞)を開発して具体化した。2002年には、米ミネソタ大グループが骨髄幹細胞から同様の細胞を開発した。欧米や日本のグループが相次いで、両細胞から皮膚や神経、血管などを作ることに成功した。また、従来の技術による培養皮膚や血管、心筋などの再生も、実用レベルに達している。02年4月には、第1回日本再生医療学会も開催された。骨髄幹細胞から血管や皮膚の再生、人工材料を組み合わせ再生血管移植手術などの臨床応用も始まっている。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

再生医療

病気やけがで損なわれた臓器や組織の働きを再生させるため、細胞や組織を体外で培養したり、加工したりして体に移植する医療。臨床研究や治験の段階のものが多い。  ■再生医療リスクによる分類(再生医療安全性確保法による) 分類        あてはまる例第一種(高リスク) iPS細胞やES細胞などを使用/他人の細胞を移植第二種(中リスク) 体の中にある自分の幹細胞を培養して利用第三種(低リスク) 対象となる部位と同じ機能を持った自分の細胞を、培養せず治療に使う

(2015-12-03 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいせい‐いりょう〔‐イレウ〕【再生医療】

失われた細胞・組織・器官を再生し、機能を回復させる医療。皮膚移植骨髄移植臓器移植などの医療。究極的にはES細胞iPS細胞などの分離培養による組織そのものの再生を目指す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

再生医療【さいせいいりょう】

機能障害,機能不全になった臓器・組織などに,組織培養細胞培養からつくった固有の組織を移植し再生をはかる再生医学,医療を言う。臓器移植には拒絶反応ドナー不足という問題が常につきまとい,人工臓器も生体適合性などの問題がある。
→関連項目京都大学iPS細胞研究所STAP細胞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さいせいいりょう【再生医療】

機能不全に陥ったり欠損したりした生体組織を、組織工学を応用することで再生・回復させる医療。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

再生医療
さいせいいりょう

病気やけがで失われた臓器や組織を再生させる医療。患者本人の未分化細胞の培養などによって、人体の部品をつくる。従来の臓器移植では避けられなかった拒絶反応の心配がない。ほとんどの細胞に分化できる可能性があることから、万能細胞ともよばれる胚(はい)性幹細胞(ES細胞)の出現で、可能性が高まった。再生医療の研究は各国で行われているが、日本でも盛んである。2000年(平成12)春には東京女子医科大学の新岡俊治らのグループが、患者の血管細胞と人工材料でつくった再生血管移植手術を行い、奈良県立医科大学の吉川隆章らは、やけどをした患者の骨髄細胞を培養して皮膚をつくるのに成功した。また東京医科歯科大学など7施設共同で、土台となる溶ける繊維に骨髄細胞をつけてあごの骨を再生する臨床試験が行われるなどした。2007年11月には京都大学再生医科学研究所の山中伸弥(しんや)らが、人の皮膚細胞から万能細胞の一つである人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製することに成功し、万能細胞を使った再生医療がにわかに現実味を増してきた。[田辺 功]
『八代嘉美・中内啓光著『再生医療のしくみ』(2006・日本実業出版社) ▽岡野光夫・大和雅之監修『再生医療技術の最前線』(2007・シーエムシー出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

再生医療の関連キーワード神経ブロック迷走神経神経頭蓋出来れば人を人とも思わない人切れキレイママ神経ケラチンiPS(人工多能性幹)細胞コリン作動性神経 (cholinergic nerve)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

再生医療の関連情報