コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学式マーク読(み)取り装置 コウガクシキマークヨミトリソウチ

3件 の用語解説(光学式マーク読(み)取り装置の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうがくしき‐マークよみとりそうち〔クワウガクシキ‐よみとりサウチ〕【光学式マーク読(み)取り装置】

オー‐エム‐アール(OMR)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光学式マーク読取り装置
こうがくしきまーくよみとりそうち
optical mark reader

用紙の上に鉛筆で記入したマークを読み取る装置。略してOMRともいう。マークを記入する用紙はマークシートとよばれ、読取り装置はマークシートリーダーともよばれる。用紙上のマークの位置によって情報の意味づけがなされており、その意味の説明は、読取りに影響しない色調の薄い色で印刷してある。マークの有無とその位置は、フォトセルで反射光を受け、その電気信号の変化で検出する。試験の答案、アンケートの回答の集計などによく用いられる。また、文字情報の入力を、マークシートを介して行うこともある。[小野勝章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

光学式マーク読(み)取り装置の関連キーワードオマーンの要覧読み取り装置原子力産業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone