コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学的平面 こうがくてきへいめんoptical flat

1件 の用語解説(光学的平面の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光学的平面
こうがくてきへいめん
optical flat

プリズムやレンズなどの光学部品の平面度を検定するためのガラス製のゲージ。曲面の検定のためには同様の標準曲面をもったものが用意され,原器と呼ばれている。いずれも被検体と標準体とを密着させてニュートン環を観測して検査する。また,このような検査にパスした平面も光学的平面と呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone