コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平面度 へいめんどplaneness; flatness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平面度
へいめんど
planeness; flatness

機械部品の平面部分の正確な平面からはずれた度合い,形状誤差。平面度を表わすには機械の平面部分のできるだけ離れた3点を通る平面を考え,これからの偏差の最大値をもって表わす場合 (最大ふれ式平面度) と,正確な平面との間の最大の傾斜で表わす場合 (最大傾斜式平面度) とがある。また光学的な反射が利用できるものでは,平面部分の曲率半径をもって平面度を測定あるいは表示することもできる。干渉縞やオートコリメータを利用した光学的測定法もある。また工作現場では,基準定盤とのすり合せによるあたりの量から求める簡便な方法も用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいめんど【平面度 deviation from flatness】

平面度は平面形体の幾何学的に正しい平面からの狂いの大きさである。その大きさは平面形体を幾何学的に正しい平行な2平面で挟んだとき,平行2平面の間隔が最小となる場合の2平面の間隔で表す。真直度の測定をその測定方向に直角に順次移動させて測定した結果を重ねる方法,碁盤の目のように対象面を区切ってその交点の高さの違いを変位測定または角度測定で求める方法,オプチカルフラットのような基準面を当てそれからの偏差を求める方法などによって平面度を求める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

平面度の関連キーワードオプティカルフラット空気マイクロメータブロックゲージ光学的平面光学器械ラップ盤平削り盤ノギス研削

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android