コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準体

保険基礎用語集の解説

標準体

普通保険料率の生命保険の被保険体のことを指します。つまり身体的または道徳的危険事情等の諸点からみて明らかな欠点がなく、基準の保険料で、しかも特別条件をつけることなく契約できる被保険体となります。実務的には、被保険者の健康状態(現症既往症)および職業等の危険状態についての告知および診査などの選択資料により危険度を測定し、会社の定める危険の範囲内にあると認められたうえ、保険契約が引受けられます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

標準体の関連キーワード慢性の病気をもつ人の妊娠、出産の注意子どもの肥満(単純性肥満)ネフローゼ症候群レグホーン[種]国民経済計算体系やせ(るいそう)生活習慣病とは?子どもの肥満度ブローカの公式腎疾患のQ&A低エネルギー食平均身長・体重思春期やせ症ローレル指数ブローカ指数標準下体保険脂質異常症体重方程式Glyph光学的平面

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標準体の関連情報