コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光悦垣 こうえつがき

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

こうえつがき【光悦垣】

日本の伝統的な竹垣の一つ。割り竹を粗い目の菱形(ひしがた)に組み、割り竹の束をのせたもので、頂部がゆるい曲線を描く。◇近世初期の芸術家、本阿弥(ほんあみ)光悦が好んだことに由来。「臥牛垣(がぎゅうがき)」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の光悦垣の言及

【垣】より

…農村にはまた,馬の放牧地の境の垣である馬塞(ませ)や,猪や鹿の害を防ぐために耕地の周囲にめぐらす鹿垣があった。垣の意匠の著しい発達は,桃山時代以降の茶室や数寄屋造の普及とともに見られ,これらは主に竹や樹木の細枝を材料として,自然らしさと意匠の洗練を目的としたもので,桂垣(かつらがき),建仁寺垣,矢来垣,光悦垣など,多くの種類がある。桂離宮の周囲に用いられている竹垣のように,生きたままの竹の幹を折り曲げて編むようなものもあった。…

※「光悦垣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光悦垣の関連情報