光明丹(読み)こうみょうたん

大辞林 第三版の解説

こうみょうたん【光明丹】

鉛丹えんたんの別名。酸化鉛(Ⅳ)二鉛(Ⅱ)のこと。 → 酸化鉛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の光明丹の言及

【鉛丹】より

…酸化鉛(II)PbOと酸化鉛(IV)PbO2との複酸化物(2PbO・PbO2)で,酸化二鉛(II)鉛(IV),四三酸化鉛ともいう。また光明丹とも呼ばれ,古くから橙赤色の無機顔料として用いられてきた。比重9.07。…

【酸化鉛】より

…粉末のPbOを適当な条件下で空気酸化(約500℃)して製造する。鮮赤色の粉末で,古くから鉛丹あるいは光明丹と呼ばれ,顔料などとして用いられている。鉛丹【大滝 仁志】。…

※「光明丹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android