光明丹(読み)こうみょうたん

大辞林 第三版の解説

こうみょうたん【光明丹】

鉛丹えんたんの別名。酸化鉛(Ⅳ)二鉛(Ⅱ)のこと。 → 酸化鉛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうみょう‐たん クヮウミャウ‥【光明丹】

洒落本・駅舎三友(1779頃)出立「墨をいれやうといやァがるから、おらァ死人めらと一所にあつかはれちゃアてへぎだから、光明丹(クヮウミャウタン)をいれて逆修(ぎゃくしゅ)にしようといったよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光明丹の言及

【鉛丹】より

…酸化鉛(II)PbOと酸化鉛(IV)PbO2との複酸化物(2PbO・PbO2)で,酸化二鉛(II)鉛(IV),四三酸化鉛ともいう。また光明丹とも呼ばれ,古くから橙赤色の無機顔料として用いられてきた。比重9.07。…

【酸化鉛】より

…粉末のPbOを適当な条件下で空気酸化(約500℃)して製造する。鮮赤色の粉末で,古くから鉛丹あるいは光明丹と呼ばれ,顔料などとして用いられている。鉛丹【大滝 仁志】。…

※「光明丹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android