四酸化三鉛(読み)シサンカサンナマリ

化学辞典 第2版「四酸化三鉛」の解説

四酸化三鉛
シサンカサンナマリ
trilead tetraoxide

Pb3O4(685.60).鉛丹光明丹ともいう.また,実体はPb2Pb O4であるので酸化鉛(Ⅳ)二(Ⅱ)ともよばれる.鉛粉または粉状の酸化鉛(Ⅱ)を空気中で約450 ℃ に加熱すると得られる.赤色の無定形粉末.密度9.1 g cm-3.約550 ℃ に加熱すると分解し,酸素を放って酸化鉛(Ⅱ)となる.水に不溶であるが,硝酸を作用させると不溶性の二酸化鉛硝酸鉛を生じる.赤色顔料絵の具ペイント鉛ガラス,蓄電池の極板などに用いられる.有毒.[CAS 1314-41-6]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の四酸化三鉛の言及

【鉛丹】より

…四酸化三鉛Pb3O4のこと。酸化鉛(II)PbOと酸化鉛(IV)PbO2との複酸化物(2PbO・PbO2)で,酸化二鉛(II)鉛(IV),四三酸化鉛ともいう。…

【酸化鉛】より

…亜酸化鉛,酸化鉛(II),四酸化三鉛,三酸化二鉛,酸化鉛(IV)などの総称。いずれも両性酸化物で,水に不溶,酸,アルカリに溶ける。…

※「四酸化三鉛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android