コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉛丹 えんたん red lead; minium

6件 の用語解説(鉛丹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉛丹
えんたん
red lead; minium

光明丹ともいう。組成は Pb3O4一酸化鉛を 400~450℃に長時間加熱してできる。明るい赤色の重い粉末。硫化水素で黒変,炭酸ガスで白変する。有毒。 500℃で分解して酸素を発生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐たん【鉛丹】

赤色顔料の一。黄色がかった鮮やかな赤色。主成分四酸化三鉛。古くから日本画の絵の具陶磁器の釉(うわぐすり)として使用。光明丹。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉛丹【えんたん】

光明丹(こうみょうたん)とも。四酸化三鉛Pb3O4を主成分とするだいだい赤色粉末。顔料として鉄のさび止め塗料に多く使うほか,蓄電池の電極板材料,鉛ガラスや釉(うわぐすり)の原料として利用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんたん【鉛丹 minium】

四酸化三鉛Pb3O4のこと。酸化鉛(II)PbOと酸化鉛(IV)PbO2との複酸化物(2PbO・PbO2)で,酸化二鉛(II)鉛(IV),四三酸化鉛ともいう。また光明丹とも呼ばれ,古くから橙赤色の無機顔料として用いられてきた。比重9.07。500℃に加熱するとPbOに分解する。使用に際しては鉛毒に注意する必要がある。鉛粉をアスベストベルト上に薄く広げて点火し,酸化熱により燃焼させPbOをつくり,これをさらに反射炉またはマッフル炉に入れて酸化して鉛丹とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんたん【鉛丹】

顔料の一。四酸化三鉛の粉末で、明るい赤色の粉末。光明こうみよう丹。 → 酸化鉛

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉛丹
えんたん
red lead

四三酸化鉛Pb3O4を主成分とする赤橙(せきとう)色顔料(がんりょう)。光明丹ともいう。べんがらとともに塗料用にあてられているが、四三酸化鉛の示す微アルカリ性と、このほかに含まれている一酸化鉛PbOの化学的活性のため、鋼材の塩基性防錆(ぼうせい)顔料あるいは下塗り用顔料として、古くから使用されている。製法は、金属鉛を約600℃に加熱、溶融後、空気酸化して一酸化鉛とし、この一酸化鉛を未反応の鉛と分離し、ふたたび400~500℃で加熱、十分に酸化して、赤色の四三酸化鉛(鉛丹)とする。このほか、金属鉛を、加熱できるボールミル中で、粉砕および酸化を同時に行い、鉛丹をつくる方法もある。鮮明な黄みの赤色で、空気中に放置すると、炭酸鉛の生成により、部分的に白色を示す。四三酸化鉛の含有量が多くなると赤みを増し、逆に一酸化鉛の多いものほど黄みが強くなる。JIS(ジス)(日本工業規格)により四三酸化鉛97%以上を特号、96%以上を1号、93%以上を2号、80%以上を3号とよぶ4種があるが、一酸化鉛の量が多くなるほど、乾性油との反応性が大きく、鉛せっけんをつくりやすくなり、塗膜は柔軟性、密着性がよく、風化に耐えるが、貯蔵性は低下する。防錆性は四三酸化鉛80%ぐらいがもっともよいとされている。この鉛丹の有効な防錆成分である一酸化鉛を極端に多くしたものが、亜酸化鉛とよばれるもので、鉛と一酸化鉛との混合物である。[大塚 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鉛丹の言及

【酸化鉛】より

…粉末のPbOを適当な条件下で空気酸化(約500℃)して製造する。鮮赤色の粉末で,古くから鉛丹あるいは光明丹と呼ばれ,顔料などとして用いられている。鉛丹【大滝 仁志】。…

※「鉛丹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉛丹の関連キーワード酸化鉛鉛丹色密陀僧過酸化鉛四酸化三鉄四酸化三鉛二酸化鉛四酸化三コバルト酸化鉛(II)四酸化三マンガン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉛丹の関連情報