コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光琳蒔絵 コウリンマキエ

デジタル大辞泉の解説

こうりん‐まきえ〔クワウリンまきヱ〕【光××蒔絵】

尾形光琳が始めた蒔絵光悦蒔絵を模しつつ、斬新で華やかな意匠美を特色とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうりんまきえ【光琳蒔絵】

江戸時代、光琳の始めた蒔絵。漆器中に鉛・スズ・螺鈿らでんなどをはめこみ、大胆な意匠を特色とする。「八橋やつはし蒔絵硯箱すずりばこ」は、その代表作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

光琳蒔絵の関連キーワード光琳