光環(読み)こうかん(英語表記)corona

翻訳|corona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薄い雲を通して太陽または月のまわりにできる視半径 2°~3°ほどの光の輪。太陽によるものを日光環,月によるものを月光環といい,光環の色は内側が紫または青く外側が赤く見える。太陽または月の光が,雲を形成する無数の小さな水滴や氷晶によって回折されてできるものである。(→グローリー

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光環の関連情報