光輪のある自画像

デジタル大辞泉プラスの解説

光輪のある自画像

フランスの画家ポール・ゴーギャンの絵画(1889)。原題《Portrait charge de Gauguin》。「戯画的自画像」の副題を持つ。イエス・キリストに自身をなぞらえ、頭上に光の輪を描いた作品。代表的な自画像の一つ。ワシントン、ナショナルギャラリー所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android