コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光輪のある自画像

1件 の用語解説(光輪のある自画像の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

光輪のある自画像

フランスの画家ポールゴーギャンの絵画(1889)。原題《Portrait-charge de Gauguin》。「戯画的自画像」の副題を持つ。イエス・キリストに自身をなぞらえ、頭上に光の輪を描いた作品。代表的な自画像の一つ。ワシントン、ナショナルギャラリー所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光輪のある自画像の関連キーワードムーラン・ド・ラ・ギャレットゴーギャン黄色のキリスト死霊が見ている死霊が見守る説教のあとの幻影タヒチの女たちぶらんこの絶好のチャンスマナオ・トゥパパウヤコブと天使の戦い

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone