コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光電光度計 こうでんこうどけい photoelectric photometer

2件 の用語解説(光電光度計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光電光度計
こうでんこうどけい
photoelectric photometer

光電管または光電池フィルタなどを組合せ,溶液の吸収係数,散乱強度などを測定するのに使われる分光測光器。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光電光度計
こうでんこうどけい
photoelectric photometer

物質を透過した光の強さを光電管または光電池により電気信号に変換し、電流値もしくは電圧値をメーターで読み取るかあるいは記録する方式の光度計を総称して光電光度計という。光電光度計には大別して次の二つのタイプがある。一つは単色光器(モノクロメーター)として精密なプリズム分光器や回折格子分光器を備えた光電光度計で、これを光電分光光度計という。他は簡単なフィルターを用いて、ある幅をもつ波長帯の光を得るようなフィルター型光電光度計である。後者のタイプのものを光電比色計photoelectric colorimeterという。装置の主要部分は光源部、単色光部、光量調節部、試料室セル部、光電変換部、検出部からなる。[成澤芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光電光度計の関連キーワード外部光電効果光電管光電子光電池光電流光電陰極光電子放出セシウム光電管ファウラープロット吸光光度法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone