コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光電子集積回路 コウデンシシュウセキカイロ

デジタル大辞泉の解説

こうでんし‐しゅうせきかいろ〔クワウデンシシフセキクワイロ〕【光電子集積回路】

光信号を処理する素子と半導体素子を一体化した集積回路。光通信などに用いられる。光集積回路とほぼ同義だが、光電子集積回路は光信号を電気信号に変換して処理を行うという点で区別される。光電子ICOEIC(optoelectronic integrated circuit)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

光電子集積回路の関連キーワードOIC

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android