免疫性台木(読み)めんえきせいだいぎ(英語表記)immune rootstock

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

免疫性台木
めんえきせいだいぎ
immune rootstock

強耐性台木ともいう。特殊な病虫害に対し抵抗力の強い種類または品種を用いた台木。ぶどうでは根や葉に寄生して生育を阻害するフィロキセラに対するルペストリス,ベルランディエリー,りんごでは綿虫に対するウィンターマジェチン,ノーサーンスバイなどの品種が有名。強耐性は遺伝形質であるが,接 (つぎ) 木によって植物体全体に形成されるのではなく,台木から生長した根部および主幹部が病虫害に対して強耐性を示すものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の免疫性台木の言及

【台木】より

…栽培的に重要なのは,台木の種類によって地上部の大きさ,結実までの期間,種々の不良環境に対する適応性が異なることである。また,根に寄生する病虫害に対して抵抗性をもつ台木(免疫性台木)に接木すれば,それらの被害を回避することができる。リンゴ栽培では,近年樹高を低くして果実を収穫しやすくするために,枝の伸長を抑え,地上部を小型化する台木(矮性(わいせい)台)を利用することが多くなっている。…

※「免疫性台木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android