抵抗力(読み)テイコウリョク

デジタル大辞泉の解説

ていこう‐りょく〔テイカウ‐〕【抵抗力】

外からかかる力に逆らったり、耐えたりする力。
病気や病原体、環境の悪化などに耐え、健康を保ちつづける力。「風邪に対する抵抗力をつける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていこうりょく【抵抗力】

外部からの力をはねかえす力。反発する力。
病気などに対して耐えることのできる力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ていこう‐りょく テイカウ‥【抵抗力】

〘名〙
外部からのをはねかえす力。反発する力。また、外力に耐えられる力。
窮理通(1836)八「大気も亦虚薄にして抵抗力少し」
② 身体などに感じる力感。圧迫感。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉七「透き徹る湯の中の軽き身体を、出来る丈抵抗力なきあたりへ漂はして見た」
病気や病原菌に耐えることのできる力。先天的なものと、予防接種、身体訓練などによる後天的、人為的なものがある。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉四「だんだんと病気にたいする抵抗力がなくなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の抵抗力の言及

【抵抗】より

…抵抗力,または抗力ということもある。流体中を運動する物体に働く力のうちで,進行方向と逆方向の成分。…

※「抵抗力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抵抗力の関連情報