綿虫(読み)わたむし

精選版 日本国語大辞典「綿虫」の解説

わた‐むし【綿虫】

〘名〙 半翅目アブラムシ科の昆虫のうち、翅(はね)があって体から白色の蝋物質を分泌するものの総称。飛ぶときに綿屑のように見えるところからこの名がある。リンゴワタムシなど。ゆきむし。《季・冬》 〔日本昆虫学(1898)〕
※帰心(1954)〈水原秋桜子〉昭和二七年「綿虫やむらさき澄める仔牛の眼」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「綿虫」の解説

綿虫 (ワタムシ)

動物。アブラムシ上科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「綿虫」の解説

わた‐むし【綿虫】

(はんし)目ワタアブラムシ科の昆のうち、翅(はね)があり、白色の蝋(ろう)物質を分泌するものの総称。体は小さく、綿くずが飛んでいるように見える。リンゴワタムシ・ヌルデノミミフシなど。ゆきむし。 冬》「―や安静時間緩やかに/波郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android