兎の眼

デジタル大辞泉プラスの解説

兎の眼

灰谷健次郎による長編小説。1974年刊。新卒の若い小学校女性教員が、初めて受け持つ1年生の子どもたちとその保護者たち、同僚教師との関わりを通じ、成長していくさまを描く。教育問題、社会問題を直視した著者代表作のひとつ。1979年、中山節夫監督により映画化。

兎の眼

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1976年10月~1976年11月。原作灰谷健次郎の同名小説。脚本岩間芳樹。出演:山田基夫、金沢碧ほか

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

うさぎのめ【兎の眼】

灰谷健次郎による児童文学作品。昭和49年(1974)刊行挿絵は長谷川知子。小学1年生のクラス担任となった、新卒の若い女性教師の成長を描く。NHK番組、少年ドラマシリーズでドラマ化されたほか、映画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android