コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎の眼

3件 の用語解説(兎の眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

兎の眼

灰谷健次郎による長編小説。1974年刊。新卒の若い小学校女性教員が、初めて受け持つ1年生の子どもたちとその保護者たち、同僚教師との関わりを通じ、成長していくさまを描く。教育問題、社会問題を直視した著者の代表作のひとつ。1979年、中山節夫監督により映画化。

兎の眼

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1976年10月~1976年11月。原作:灰谷健次郎の同名小説。脚本:岩間芳樹。出演:山田基夫、金沢碧ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うさぎのめ【兎の眼】

灰谷健次郎による児童文学作品。昭和49年(1974)刊行。挿絵は長谷川知子。小学1年生のクラス担任となった、新卒の若い女性教師の成長を描く。NHKの番組、少年ドラマシリーズでドラマ化されたほか、映画化作品もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兎の眼の関連キーワード帯ドラマ野菊の墓あなたの町海のセバスチャン家族天気図孤島の秘密すばらしき友人タイム・トラベラーぼくのテムズ川森の秘密

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兎の眼の関連情報