兎の眼

デジタル大辞泉プラスの解説

兎の眼

灰谷健次郎による長編小説。1974年刊。新卒の若い小学校女性教員が、初めて受け持つ1年生の子どもたちとその保護者たち、同僚教師との関わりを通じ、成長していくさまを描く。教育問題、社会問題を直視した著者の代表作のひとつ。1979年、中山節夫監督により映画化。

兎の眼

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1976年10月~1976年11月。原作:灰谷健次郎の同名小説。脚本:岩間芳樹。出演:山田基夫、金沢碧ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

うさぎのめ【兎の眼】

灰谷健次郎による児童文学作品。昭和49年(1974)刊行。挿絵は長谷川知子。小学1年生のクラス担任となった、新卒の若い女性教師の成長を描く。NHKの番組、少年ドラマシリーズでドラマ化されたほか、映画化作品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兎の眼の関連情報