コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兎の眼

2件 の用語解説(兎の眼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

兎の眼

灰谷健次郎による長編小説。1974年刊。新卒の若い小学校女性教員が、初めて受け持つ1年生の子どもたちとその保護者たち、同僚教師との関わりを通じ、成長していくさまを描く。教育問題、社会問題を直視した著者の代表作のひとつ。1979年、中山節夫監督により映画化。

兎の眼

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1976年10月~1976年11月。原作:灰谷健次郎の同名小説。脚本:岩間芳樹。出演:山田基夫、金沢碧ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兎の眼の関連キーワード帯ドラマ野菊の墓あなたの町海のセバスチャン家族天気図孤島の秘密すばらしき友人タイム・トラベラーぼくのテムズ川森の秘密

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兎の眼の関連情報