兎眼症(読み)トガンショウ

デジタル大辞泉の解説

とがん‐しょう〔‐シヤウ〕【×兎眼症】

目をつぶってもまぶたが完全に閉じない状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

とがんしょう【兎眼症】

 まぶたが閉じなくなった状態を兎眼症といいます。おもに角膜(かくまく)の障害が問題となり、疼痛(とうつう)をともないます。
 おもな原因は、脳神経外科の手術後や神経腫瘍(しゅよう)のために生じた顔面神経(がんめんしんけい)まひ、あるいは外傷後のまぶたのきずあと(瘢痕(はんこん))による閉瞼障害(へいけんしょうがい)などがあります。
 治療は、睡眠時のみの兎眼であれば軟膏(なんこう)を塗布し、さらに清潔なビニールを眼球の上にかぶせて角膜の乾燥を防ぎます。角膜の障害が強くて角膜が穿孔(せんこう)する(穴があく)危険がある場合や、疼痛が強い場合には、上まぶたと下まぶたを縫合することもあります。
 日常生活では、目の表面が乾燥しないように注意します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android