コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉幸雄 こだま ゆきお

2件 の用語解説(児玉幸雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

児玉幸雄

洋画家。大阪生。田村孝之介に師事する。関西学院大学経済学部在学中に二科展に初入選。戦後は二紀会に参加し二紀会委員となる。渡欧を重ね、街頭や庶民の姿を多く描いた。平成4年(1992)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉幸雄 こだま-ゆきお

1916-1992 昭和-平成時代の洋画家。
大正5年8月9日生まれ。田村孝之介に師事。昭和12年二科展に初入選,戦後は二紀会展に出品し,27年同会委員となる。40年代以降たびたび渡欧し,広場や市場につどう市井の人々をえがいた。平成4年2月20日死去。75歳。大阪出身。関西学院大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

児玉幸雄の関連キーワード高田誠安藤幹衛大内田茂士尾田竜川村勇久保守小松崎邦雄佐野ぬい津高和一吉井忠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

児玉幸雄の関連情報