コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉幸雄 こだま ゆきお

美術人名辞典の解説

児玉幸雄

洋画家。大阪生。田村孝之介に師事する。関西学院大学経済学部在学中に二科展に初入選。戦後は二紀会に参加し二紀会委員となる。渡欧を重ね、街頭や庶民の姿を多く描いた。平成4年(1992)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉幸雄 こだま-ゆきお

1916-1992 昭和-平成時代の洋画家。
大正5年8月9日生まれ。田村孝之介に師事。昭和12年二科展に初入選,戦後は二紀会展に出品し,27年同会委員となる。40年代以降たびたび渡欧し,広場や市場につどう市井の人々をえがいた。平成4年2月20日死去。75歳。大阪出身。関西学院大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉幸雄の関連情報