コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉雄一郎 こだま ゆういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉雄一郎 こだま-ゆういちろう

1832-1868* 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年3月4日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。藩主島津斉彬(なりあきら)・忠義(ただよし)につかえる。のち讒言(ざんげん)にあい,江戸藩邸目付にうつされる。慶応3年幕府軍による藩邸焼き討ちの際に捕らえられ,伝馬町の獄で12月25日斬首(ざんしゅ)された。36歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

児玉雄一郎 (こだまゆういちろう)

生年月日:1832年3月4日
江戸時代末期の薩摩藩士
1868年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

児玉雄一郎の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android