入り穿(読み)イリホガ

デジタル大辞泉の解説

いり‐ほが【入り×穿】

[名・形動ナリ]
和歌・俳諧などで、あまり技巧を加えすぎて味わいをそこなうこと。
「初めの五文字いま少し―なるべし」〈ささめごと
詮索しすぎて真実から外れること。うがちすぎ。
「其の臆測の―なりしを媿(は)じざるにもあらざれど」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入り穿の関連情報