コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ささめごと ササメゴト

5件 の用語解説(ささめごとの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ささめごと[書名]

室町時代の連歌論書。2巻。心敬著。寛正4年(1463)成立。連歌の歴史・作り方・作法などを問答体で記述。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ささめごと

室町中期の連歌論書。2巻。心敬著。1463年成立。郷里,紀伊国名草郡田井庄の八王子社に参籠(さんろう)中,同地の人々の求めに応じて書き与えた。のちに数度改編され,異本が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ささめごと

連歌論。心敬著。1463年(寛正4),心敬が郷里の紀州田井庄(現,和歌山市)に下向したとき,土地の人々の求めに応じて書き与えたものが原形で,のち何度か増補・改編されたため異本が多い。1冊または2冊。問答体で構成されており,連歌修業の方法,風体論,付合(つけあい)論など連歌についての言説が中心だが,和歌,仏教について言及することも多く,総合的な芸術論の趣がある。人生の無常哀苦を徹底的に観ずることによって人間の内面的充実がはかられ,そのような境地による和歌・連歌の制作を理想とする立場を明確にしている点で,技術論に終始する他の多くの連歌論書と趣を異にする

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ささめごと

連歌論書。二巻。心敬著。1463~64年成立。和歌連歌同一論・疎句重視・冷え寂び論などを優美な筆致で述べる。世阿弥の能楽論とともに中世評論の代表的作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ささめごと
ささめごと

室町時代の連歌(れんが)論。1冊または2冊。心敬(しんけい)著。1463年(寛正4)、心敬が郷里の紀伊国(きいのくに)田井荘(しょう)(現在和歌山市の一部)に下ったとき、土地の人々の求めに応じて書き与えたものを原型とし、のち何度か増補・改編されている。問答体で構成され、連歌の学び方、作風論、付合(つけあい)論などを中心とするが、和歌・仏教についての発言も多く含まれ、全体としては総合的な芸術論の趣(おもむき)がある。とくに、人生の無常哀苦を徹底して観ずることが、人間の内面的充実につながり、そのような境地での創作活動が理想だとする点は、他の多くの連歌論が技術論に終始しているにすぎないのに対し、独自の高さをもっていると評価される。また、幽玄や艶(えん)を中心とした美論も注目すべきである。[奥田 勲]
『木藤才蔵他校注『日本古典文学大系66 連歌論集・俳論集』(1961・岩波書店) ▽伊地知鐵男他校注・訳『日本古典文学全集51 連歌論集・能楽論集・俳論集』(1973・小学館) ▽金子金治郎著『心敬の生活と作品』(1982・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のささめごとの言及

【艶】より

…藤原俊成の意識した艶の美には,《源氏物語》の〈もののあはれ〉を受け継ぎ,さらに余情美を求めようとする傾斜が認められる。中世以降には艶を内面化しようとする傾向が強まり,心敬の連歌論《ささめごと》などに見える〈心の艶〉〈冷艶〉の美は,その極致とされる。艶の句について,〈艶といへばとて,ひとへに句の姿,言葉のやさばみたるにはあるべからず。…

※「ささめごと」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ささめごとの関連キーワード飯尾宗祗猪苗代兼載南江宗玩心敬宗砌ひとり言連理秘抄落書露顕紹永梵灯庵主

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone