入場(読み)にゅうじょう

精選版 日本国語大辞典「入場」の解説

にゅう‐じょう ニフヂャウ【入場】

〘名〙
式場会場などにはいること。場内にはいること。〔文明本節用集(室町中)〕
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上「強て入場する者ある時は」 〔王褒‐看闘鶏詩〕
② さとりの真実の本体に気づくこと。それによってさとりの道が開けるところからいう。
※報恩録(1474)下「故に爰を、平常の入場共云い、向上の入路共云い走(さう)ぞ」

いれ‐ば【入場】

〘名〙 入れる場所。置く場所。組み方。配置。
※風姿花伝(1400‐02頃)六「されば、能は、ただ、時分、入れ場なり。悪き能とて、捨つべからず」
※虫(1970)〈黒井千次〉「何十年か先に必要になる自分達の骨の入れ場について」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入場」の解説

にゅう‐じょう〔ニフヂヤウ〕【入場】

[名](スル)会場・競技場・式場などにはいること。「選手団が入場する」「入場無料」⇔退場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android