コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入牢 ジュロウ

4件 の用語解説(入牢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐ろう〔‐ラウ〕【×牢】

[名](スル)牢に入れられること。また、牢に入ること。にゅうろう。⇔出牢
「以前其の子分のことで―しまして」〈鉄腸・花間鶯〉

にゅう‐ろう〔ニフラウ〕【入×牢】

[名](スル)じゅろう(入牢)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の入牢の言及

【禁獄】より

…鎌倉幕府法の中には,他人を打擲した凡下(ぼんげ)(一般人)身分の輩は60日間禁獄するというように囚禁日数を明記したものもある。江戸幕府も禁獄を刑罰としていたが,名称は過怠牢(有期)と永牢(終身刑)を内容とする入牢(にゆうろう)という語に変化した。明治時代には,1880年(明治13)7月公布の刑法に禁獄が懲役とならぶ主刑として規定されていたが,1907年廃止された。…

※「入牢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入牢の関連情報