入能(読み)イリノウ

大辞林 第三版の解説

いりのう【入能】

能の上演で、予定の番組のほかに、貴顕の所望などによって臨時に上演される曲。御乞能おこいのう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いり‐のう【入能】

〘名〙 能楽で、予定の番組のほかに臨時に組み入れて演奏する曲。
※随筆・独寝(1724頃)上「江戸にては只今急に御入何番何番と云様成てひどき事有によりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android