コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全上古三代秦漢三国六朝文 ぜんじょうこさんだいしんかんさんごくりくちょうぶんQuán shàng gǔ Sān dài Qín Hàn Sān guó Liù cháo wén

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんじょうこさんだいしんかんさんごくりくちょうぶん【全上古三代秦漢三国六朝文 Quán shàng gǔ Sān dài Qín Hàn Sān guó Liù cháo wén】

中国,清の嘉慶年間(1796‐1820)の学者厳可均(げんかきん)が編んだ中国の上古から隋末に至る文の全集。全746巻。収載する作者は3496人に及ぶ。各王朝ごとに編次して,15集に分かち,配列の体例は明の梅鼎祚(ばいていそ)の《歴代文紀》および張溥(ちようふ)の《漢魏六朝一百三家集》にならっている。作者名には略伝を付し,各文にはすべて出処を明記する。編者が20余年の心血を注いだ苦心の作という。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全上古三代秦漢三国六朝文の関連キーワード四民月令

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android