コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全上古三代秦漢三国六朝文 ぜんじょうこさんだいしんかんさんごくりくちょうぶんQuán shàng gǔ Sān dài Qín Hàn Sān guó Liù cháo wén

1件 の用語解説(全上古三代秦漢三国六朝文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんじょうこさんだいしんかんさんごくりくちょうぶん【全上古三代秦漢三国六朝文 Quán shàng gǔ Sān dài Qín Hàn Sān guó Liù cháo wén】

中国,清の嘉慶年間(1796‐1820)の学者厳可均(げんかきん)が編んだ中国の上古から隋末に至る文の全集。全746巻。収載する作者は3496人に及ぶ。各王朝ごとに編次して,15集に分かち,配列の体例は明の梅鼎祚(ばいていそ)の《歴代文紀》および張溥(ちようふ)の《漢魏六朝一百三家集》にならっている。作者名には略伝を付し,各文にはすべて出処を明記する。編者が20余年の心血を注いだ苦心の作という。【興膳 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

全上古三代秦漢三国六朝文の関連キーワード判形樫原寛人フィロポイメンエカチェリーナドニエプロペトロフスクエカテリーナ万葉集略解世界遺産条約世界気象機関YS-11型国産中型旅客機

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone