全上古三代秦漢三国六朝文(読み)ぜんじょうこさんだいしんかんさんごくりくちょうぶん(英語表記)Quán shàng gǔ Sān dài Qín Hàn Sān guó Liù cháo wén

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんじょうこさんだいしんかんさんごくりくちょうぶん【全上古三代秦漢三国六朝文 Quán shàng gǔ Sān dài Qín Hàn Sān guó Liù cháo wén】

中国,清の嘉慶年間(1796‐1820)の学者厳可均(げんかきん)が編んだ中国の上古から隋末に至る文の全集。全746巻。収載する作者は3496人に及ぶ。各王朝ごとに編次して,15集に分かち,配列の体例は明の梅鼎祚(ばいていそ)の《歴代文紀》および張溥(ちようふ)の《漢魏六朝一百三家集》にならっている。作者名には略伝を付し,各文にはすべて出処を明記する。編者が20余年の心血を注いだ苦心の作という。【興膳

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android