コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

艇盗の乱 ていとうのらん

2件 の用語解説(艇盗の乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていとうのらん【艇盗の乱】

中国,清朝嘉慶期(1796‐1820)に広東,福建,浙江,台湾の沿海に猖獗(しようけつ)した海賊の乱。内乱と軍費調達に苦しむベトナム国王が,亡命中国人に商船を襲撃させたことに端を発し,乾隆末年には福建まで侵すようになった。のち阮福映(1762‐1820,嘉隆帝)の王朝(グエン朝)が樹立されると後背地を失い,福建の海賊蔡牽の下に結集した。100余艇を率いる蔡牽の水軍に対し,清朝は李長庚を起用した。李長庚は戦力に勝る敵をよく敗走させたが,上官の掣肘(せいちゆう)をうけ根絶させえぬまま戦死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

艇盗の乱
ていとうのらん

18世紀末からほぼ20年間にわたり中国東南の浙江(せっこう)、福建、広東(カントン)の海上および沿岸を舞台に行われた海賊の反乱行動。海寇(かいこう)の乱とも海盗の乱ともいう。その影響は、北は奉天(瀋陽(しんよう))から南はベトナムにまで及んだ。この反乱は次の三期に分けられる。第一期はベトナム政府の保護下で中国人およびベトナム人の海賊が活躍した時期、第二期はベトナム政府が背後に退き、反乱の中心人物蔡牽(さいけん)をはじめとする中国人海賊が活発な動きを示した全盛期、第三期は大量の投降者が続出した末期である。当時のこの地方における人口過剰、民衆の窮乏、さらに官吏や兵士の腐敗などの中国社会に内在する矛盾の現れとして評価されている。[山本英史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の艇盗の乱の言及

【海賊】より

…その後,フィリピン方面を襲う海賊も現れたが明・清交替期に鄭氏一派は福建により,次いで台湾に移って反清闘争をつづけ,しばしば中国本土を襲った。乾隆(1736‐95)末から嘉慶(1796‐1820)年間の〈白蓮教の乱〉と同時に,〈艇盗の乱〉が起こり,福建人蔡牽らがこれを率いたが,この乱は〈嘉靖の海寇〉と規模,性格ともに似ていたようである。清末から民国時代にはいってからも華南海上にはしばしば海賊が出没した。…

※「艇盗の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

艇盗の乱の関連キーワード張澹呉偉業光復会順治帝大清会典北海道新幹線嘉慶清朝清朝体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone