コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全亭正直 ぜんてい しょうじき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

全亭正直 ぜんてい-しょうじき

?-? 江戸時代後期の狂歌師,戯作(げさく)者。
文政-安政(1818-60)のころの人。江戸麻布六本木にすむ。狂歌は石川雅望(まさもち)(宿屋飯盛(やどやの-めしもり))に師事し,五側(ごがわ)の判者。姓は小松。名は義比。字(あざな)は子興。通称は平左衛門。別号に全亭主人。読み本に「金鈴橘双史(こがねのすずたちばなそうし)」,編著に「狂歌今昔物語」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android