全人民国家[ソビエト連邦](読み)ぜんじんみんこっか[ソビエトれんぽう](英語表記)obshchenarodnoe gosudarstvo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全人民国家[ソビエト連邦]
ぜんじんみんこっか[ソビエトれんぽう]
obshchenarodnoe gosudarstvo

ソ連の指導者が規定した自国国体ソ連では自国をプロレタリア独裁国家とする立場がとられていたが,1961年 10月の第 22回共産党大会で採択された党綱領は,プロレタリア独裁がソ連では不必要になり,「国家全人民国家,すなわち全人民の利益と意思を体現する機関に変った」とした。 62年から憲法改定も検討され,77年改定されたいわゆる「ブレジネフ憲法」でも,ソ連は「労働者,農民インテリ,大小民族」の「社会主義的全人民国家」であると規定した。この考え方は中ソ論争の一つの焦点にもなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android