コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国労働組合自由連合会 ぜんこくろうどうくみあいじゆうれんごうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全国労働組合自由連合会
ぜんこくろうどうくみあいじゆうれんごうかい

略称,全国自連。アナキスト (自由連合) 系労働組合の日本最初のナショナル・センター。 1926年5月結成。関東大震災後アナキスト系労働組合は後退していたが,印刷工を中心に運動の再興を目指して結集した全国連合で,結成時には4連合会 25組合約1万 5000名 (同連合会発表) の組合員を擁した。しかしすぐに内部対立と弾圧に直面して弱体化し,28年3月第2回続行大会を機に分裂,全国自連にとどまった純正アナキスト系に対して,労働組合を重視する脱退派は,日本労働組合自由連合協議会を結成した。 35年無政府共産党事件や農村青年社事件によって弾圧を受け,自然消滅した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全国労働組合自由連合会の関連キーワード岩佐 作太郎略称

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android