全国新酒鑑評会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

全国規模で開かれる唯一の清酒鑑評会。独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催。第1回開催は明治44(1911)年。107回目となった2018酒造年度に出品された酒は857点。今年4月の予審と5月の決審で審査され、金賞酒237点が選ばれた。

(2019-06-27 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全国新酒鑑評会の関連情報