コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒類総合研究所 シュルイソウゴウケンキュウジョ

2件 の用語解説(酒類総合研究所の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅるい‐そうごうけんきゅうじょ〔‐ソウガフケンキウジヨ〕【酒類総合研究所】

酒類の高度な分析や鑑定、酒類の品質評価、酒類や酒類業に関する研究・調査などを行う研究機関。国立の醸造研究所を改組して、平成13年(2001)に財務省所管の独立行政法人となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒類総合研究所
しゅるいそうごうけんきゅうじょ

酒類の分析・鑑定・研究等を行う財務省所管の独立行政法人。英語名はNational Research Institute of Brewing、略称NRIB。独立行政法人酒類総合研究所法(平成11年法律第164号)により2001年(平成13)4月に設立された。主たる事務所広島県東広島市鏡山に置き、東京都北区滝野川東京事務所を設置している。
 1904年(明治37)国立の醸造試験所が東京の滝野川に設立され、酒造りの科学的研究が始まり、醸造試験、醸造業者への講習が行われた。1949年(昭和24)国税庁所轄の施設となり、1959年に国税庁の直属研究機関に移行。1995年(平成7)醸造研究所と名称を変更、同時に東広島市での研究活動を開始した。2001年「中央省庁等改革」の一環として独立行政法人酒類総合研究所に再編された。
 酒類総合研究所は、酒税の適正かつ公平な賦課の実現のため、酒類の各種研究や調査を行うとともに、酒類業の健全な発達を図り、あわせて酒類に対する国民の認識を高めることを目的としている。おもな業務は以下のとおり。(1)酒類の高度な分析および鑑定。(2)酒類の品質評価。酒類の鑑評会の開催や各種審査会等に対する支援活動。(3)酒類および酒類業に関する研究および調査。(4)成果の普及。保有特許・研究成果の普及、保有微生物等の分譲、消費者向け教養講座の開催、施設公開、海外研究者の受入れ、国際技術協力など。(5)情報の収集、整理および提供。技術相談・消費者相談など。(6)酒類製造業者・流通業者に対する講習など。2012年4月時点での資本金は98億3300万円、職員数は43人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒類総合研究所の関連キーワード酒税酒類バーテンリカー純喫茶千粒重味りん海上保安試験研究センター世界酒類コンクール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酒類総合研究所の関連情報