可否(読み)かひ

精選版 日本国語大辞典「可否」の解説

か‐ひ【可否】

〘名〙
① いいことと悪いこと。よしあし。善悪。かふ。
※江談抄(1111頃)四「評定此詩篇可否
※信長記(1622)起「褒貶の義、あるひは異教にはしり、或は卑俗にしたがって可否(カヒ)一定ならず」 〔史記‐李斯伝〕
② (━する) よいとして認めたり、不可として認めなかったりすること。許可と不許可、または、賛成と不賛成。かふ。
※四河入海(17C前)一〇「譬へば橘をもをも人のこのみこのみによる程に、の如に茘子と竜顔とは、どれがよいと云て、可否し事もないぞ」

か‐ふ【可否】

〘名〙 =かひ(可否)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「可否」の解説

か‐ひ【可否】

よいかよくないか。事のよしあし。「可否を論じる」「可否を決定しかねる」
賛成と不賛成。可決と否決。「可否相半ばする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android