可否(読み)かひ

精選版 日本国語大辞典 「可否」の意味・読み・例文・類語

か‐ひ【可否】

〘名〙
① いいことと悪いこと。よしあし。善悪。かふ。
江談抄(1111頃)四「評定此詩篇可否
信長記(1622)起「褒貶の義、あるひは異教にはしり、或は卑俗にしたがって可否(カヒ)一定ならず」 〔史記‐李斯伝〕
② (━する) よいとして認めたり、不可として認めなかったりすること。許可不許可、または、賛成と不賛成。かふ。
四河入海(17C前)一〇「譬へば橘をも柑をも人のこのみこのみによる程に、其の如に茘子と竜顔とは、どれがよいと云て、可否し事もないぞ」

か‐ふ【可否】

〘名〙 =かひ(可否)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「可否」の意味・読み・例文・類語

か‐ひ【可否】

よいかよくないか。事のよしあし。「可否を論じる」「可否を決定しかねる」
賛成と不賛成。可決否決。「可否相半ばする」
[類語](1是非正否当否可不可適否良否理非正邪善悪曲直きょくちょく優劣よしあし/(2賛否

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「可否」の読み・字形・画数・意味

【可否】かひ

よしあし。能否。〔左伝、襄三十一年〕裨(ひじん)善く謀る。~裨と乘りて以て野に(ゆ)き、可否を謀らしむ。

字通「可」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android