コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全部判決 ぜんぶはんけつ Vollendurteil

3件 の用語解説(全部判決の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全部判決
ぜんぶはんけつ
Vollendurteil

1つの訴訟手続で審理されている事件の全部を完結する終局判決一部判決と対立する概念。全部判決について上訴がなされると,事件全体が上級審に移行し,全体について判決の確定を遮断するのが原則である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜんぶ‐はんけつ【全部判決】

民事訴訟で、同一手続きに併合審理されている数個の請求の全部についてなされる終局判決。→一部判決

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぜんぶはんけつ【全部判決】

民事訴訟法上、同一手続きで審理・判断されている数個の請求の全部を同時に完結させる判決。 ↔ 一部判決

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の全部判決の言及

【判決】より


[判決の種類]
 (1)民事訴訟 第一審から第三審までの各裁判所が,その審級ごとに事件について最終的に言い渡す判決を,終局判決といい(民事訴訟法243条1項),その終局判決が言い渡されるまで,訴訟手続において中間的に派生した一定の争いを解決する判決を,中間判決という(245条)。終局判決は,事件の全部を解決するか一部を解決するかで,全部判決,一部判決に分かれ(243条2項,3項),また,本案判決,訴訟判決にも分かれる。本案判決とは,請求の当否について行われる判決で,請求を正当と認める判決を,請求認容判決,請求を不当として退ける判決を,請求棄却判決という。…

※「全部判決」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

全部判決の関連キーワード訴状訴訟要件手続法民事訴訟規則民事訴訟法民事事件新民事訴訟法民事訴訟手続に関する条約民事訴訟の継続審理に関する規則民事訴訟費用等に関する法律

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone