コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八丁みそ

2件 の用語解説(八丁みその意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

八丁みそ

徳川家康が生まれた岡崎城から西へ八丁(約860メートル)離れた八丁村(現・八帖町)で生産されている赤みそ。大豆と塩、水だけでつくられる豆みそで、3年間醸造する。三河武士の兵糧として愛用されたという。現在は「カクキュー八丁味噌」と「まるや八丁味噌」の2社が、年間計約4500トンを製造している。

(2007-07-05 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八丁みそ
はっちょうみそ

ダイズを主原料とした豆みその一種。八丁とは産地名で、愛知県岡崎市八丁(現、八帳町)の地名からきたもの。かつて江戸などの遠隔地では、三河(みかわ)みそ、三州(さんしゅう)みそともよんでいた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八丁みその関連キーワード江戸時代江戸幕府岡崎城駿府城伏見城松平信康徳川信康十五代(徳川十五代)紅林吉治本多忠利(1)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八丁みその関連情報