八代 則彦(読み)ヤツシロ ノリヒコ

20世紀日本人名事典の解説

明治〜昭和期の銀行家 住友銀行会長。



生年
明治5年9月10日(1872年)

没年
昭和31(1956)年7月7日

出生地
鹿児島県

学歴〔年〕
東京帝大法科大学政治学科〔明治29年〕卒

経歴
旧薩摩藩士の長男に生まれる。明治23年日本郵船に入社。38年住友の懇望を受けて住友銀行に転じ、本店営業部副長をふりだしに、40年営業部長、41年本店副支配人、大正7年常務として支配人を兼任し、住友銀行の中心的存在となる。14年筆頭常務、15年専務、昭和5年会長となり、16年辞任。この間住友合資理事、大阪手形交換所委員長、大阪商工会議所議員などを歴任し、関西財界で活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android