コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八双金物(読み)ハッソウカナモノ

デジタル大辞泉の解説

はっそう‐かなもの〔ハツサウ‐〕【八双金物】

門扉・板戸などに打ち付ける装飾用の金具。形により、入り八双・出八双・散らし八双などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっそうかなもの【八双金物】

先端が二股に分かれ、または油煙形に突き出した形の装飾金具。建築物や工芸品に多く用いられる。前者を入り八双、後者を出八双という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android