八双(読み)ハッソウ

大辞林 第三版の解説

はっそう【八双】

剣や薙刀なぎなたの構えの一。正面より右へ寄せて立てて構えること。 「 -の構え」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐そう ‥サウ【八双】

〘名〙
① 刀、薙刀(なぎなた)の構え方の一つ。正面から右に寄せて立てて構えること。八相の構え。八相。
咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「剃刀をぬいてはっさうに構へ」
仏画などの掛軸表装で、裱紙竹、軸頭や紐付などの要所に使用する金具。八双金物に形が似ているところから、特に表装の場合であることを示すために「発装」とも書く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android