八字(読み)はちじ

精選版 日本国語大辞典「八字」の解説

はち‐じ【八字】

〘名〙
① 「八」という漢。また、「八」の字形をしていることやそのもの。八の字。
※天台大師和讚(10C後‐11C前)「眉は八字に相分れ、目には重瞳相浮み」 〔王禹偁‐月波楼詠懐詩〕
② 八個の文字
③ 眉をいう。〔薛逢‐夜宴観妓詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「八字」の解説

はち‐じ【八字】

「八」の字の。また、その形をしたもの。八の字。
8個の文字。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の八字の言及

【四柱推命】より

…中国には古くからあったが,唐の李虚中が祖と仰がれ,彼の名人ぶりについては韓愈がその墓誌銘のなかで記している。もとは〈八字〉(年・月・日・時のそれぞれを2字の干支であらわすから)といい,また年・月・日だけで占うこともあったので〈三命〉ともいい,ときには〈五命〉とも呼ばれて,年・月・日・時のほかに〈胎〉(受胎日)を加えることもあった。日本には今も多くの好事家がおり,阿部泰山の研究書が必読のものとされている。…

※「八字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android