四柱推命(読み)しちゅうすいめい

占い用語集「四柱推命」の解説

四柱推命

中国の代表的な命術の一つ。生年月日時をに、十干十二支八字を四の柱に配して「命式」を作り、その命式から個人の人生の吉凶禍福(かふく)、成敗、貴賎、貧富などを推し量る。十干十二支という素材を使いながら、その判断は大変複雑で奥深い中国などで用いられている四柱推命と日本で普及しているものとでは、解釈方法に大きな違いがあるとされている。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

デジタル大辞泉「四柱推命」の解説

しちゅう‐すいめい【四柱推命】

占いの一。生まれた年・月・日・時を四つの柱としてその人の運命を占うもの。中国で宋代に大成されたといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「四柱推命」の解説

しちゅう‐すいめい【四柱推命】

〘名〙 占いの一つ。生まれた年・月・日・時を四本の柱とし、それぞれの干支(えと)からその人の運命を占う法。中国古代に始まり、宋代に大成されたという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「四柱推命」の解説

しちゅうすいめい【四柱推命 sì zhù tuī mìng】

占いの一種。生まれた年・月・日・時の4本の柱をもとに運命を占うのでこの名がある。中国には古くからあったが,李虚中と仰がれ,の名人ぶりについては韓愈がその墓誌銘のなかで記している。もとは〈八字〉(年・月・日・時のそれぞれを2字の干支であらわすから)といい,また年・月・日だけで占うこともあったので〈三命〉ともいい,ときには〈五命〉とも呼ばれて,年・月・日・時のほかに〈〉(受胎日)を加えることもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android